イラレとお菓子日和

イラストとデザインと

イラレでイラストのススメ【番外編】-アイデアや資料-

【スポンサーリンク】

こんにちは、トウゴです。

今回はイラスト制作関連で、ラフとかアイデアとか、そういった決まったイラストを制作する前の段階のことについて、個人的にやっている方法とか使っているものを書いていこうと思います。

イラレでのイラスト制作に直接関わることではない(ツールの使い方などではない)ので、『番外編』とさせて頂きました。

 

 

ラフ帳やアイデア

亀ペースの制作になってしまっているのですが、一応個人的に展開しているオリジナルイラストシリーズがあるので、そのためのラフ帳やアイデア帳みたいなものがあります。

元は特別分けておらず、ラフ帳として使っているノートの余白などにアイデアを文字で書いていましたが、そういう書き方なので後から見返すとわかりにくかったりと色々不便だったので、後からアイデア帳を作りました。

ざっくりとした分け方ですが、ラフ帳はその名の通りラフを描くノートです。
余白などにたまに資料となる写真などを貼ったりもしています。

イデア帳はそのイラストやキャラクターの設定などのアイデアをまとめておくノートですが、文字だけで書いています。

 

f:id:chocomintodango:20180420214411j:plain

 

画像は何代か前のラフ帳です。とても派手です(苦笑)
ラフ帳なので基本人に見せるものではないし、自分がよく使うものなので、自分好みに全部してしまえ!ということでこのようになりました。

ノートは以前紹介した無印良品ダブルリングノートの無地で、購入する時の気分で表紙の色が茶だったり黒だったりします。

元々B5サイズから使い始めて、一時期バッグの中で場所を取るということでA5サイズに変えたのですが、やはり描けるところが多い方がいいな(と持ち歩くことが少なくなったので)ということで今はB5サイズを使っています。

このノートは表紙も無地なので、画像のようにノートを飾りたい・そういうことが好きな方には合うのではないかなーと思います。

 

www.muji.net

 

あと個人的に好きなのはマルマンのクロッキー帳ですね。
どうも薄い紙が描きやすく好きで、スケッチブックよりクロッキー帳やコピー用紙を昔からよく使っていたので、そういった紙質が好きな方にはおすすめです。
同社のクロッキーリーフがとても気になっています…!次のラフ帳はこれにしたい

 

www.e-maruman.co.jp

 

イデア帳は文字だけなので特にこだわりなく、普通のノートを使っています。
まぁ罫線の太さとか出来たらリングノートがいいなとかはありますが。
今まではキャラクターものの可愛いノートを使っていましたが、最近それが終わったので、100均で1番ページ数が多いリングノートにしました(笑)

 

オリジナルイラストシリーズがアイスクリームのシリーズで、それのために自分で考えたアイスクリームのフレーバーをアイデア帳に残しておくことが多いのですが、最終的にエクセルにまとめています。
これは自分がただまとめることが好きなだけなので、あまり意味はないです。

 

資料集め

やはりイラストを描く時にはある程度資料が必要なので、時間があるときに検索したり、集めてみたりと必要なものを増やしています。

 

多いのは本とネットのページなどで、本の場合は書店に行ったときに、
ネットのページは検索やTwitterなどのSNSを利用してブックマークなどをしています。

ネット通販で本を探すこともありますが、やはり中を見て選びたいので、通常の書店では手に入りにくいもの(洋書など)以外はなるべく書店で探し、購入することにしています。
なので大型の書店や専門書を多く扱う書店に行ったときはとてもテンションが上がります!
現在住んでいるところの近くだと、なかなか洋書を扱う書店は少ないのですが、たまにそれ目当てで書店巡りをすることもあります。

ちなみに私は英語などは読めないのですが、本自体のデザインやレイアウトが和書とはまた違っていて面白いので、そういうのを見つけたくて巡ってみたり、見つけたときには購入したりしています。
てか原宿へ行った時には大体寄っていた『嶋田洋書』は2015年9月に閉店していたんですね…!!!!残念すぎる…!

本の内容で多いのはイラレなどのツールの使い方とか何か目的のものを目的のソフトで描く方法などのHOWTO本や、お菓子・洋服関連のものです。
あとは好きな作家さんの画集とか。食べ物の本に関しては洋書も多いです。

 

ネットのページに関しては、検索とSNSですが、比重としてはSNSの方が多い気がします。
TwitterのRTで知って見てみたり、技法とかだとpixivなどの解説してくださっている作品を見たりしています。

ただラフなどまず紙に描くことが多いのですが、パソコンの位置など部屋のレイアウトの関係で画面を見ながら紙に描くというのが少しやりにくいので、本などに比べると量は多くありません。
パソコン作業中などには気軽に見れるのでとてもありがたいです。

ネットのページで多くブックマークなどしているのは本と同じくHOWTO関係のものとポーズ、あとやっぱり食べ物関係です。
神話や星座などの解説のページなんかもこちらでは探してブックマーク等をしてあります。

 

あとスマホでではありますが、写真はよく撮っています。
まぁ普段は行ってスーパー・公園・コンビニぐらいなので、そこで撮ることはあまりないのですが、何か特別なところに行った時は後々役に立つかも?で写真を撮ることがあります。

多いものは食べ物と花ですね。これらは描くことが多いので撮っています。
買ってきたケーキを食べる前に色んなアングルから撮ったり、公園などに行った時花を色んなアングルから撮ったりしています。
それらはフォルダ分けしてパソコンに保存しています。

今はその後の問題でなかなか出来ませんが、以前は何個か気になるケーキを買ってきて、家で色んなアングルで撮っていました。
お菓子類は今もメインで描いているので、特に良く撮っています。

 

私の場合、「ケーキ店などのパンフレット」類も集めています。
ただこれは資料のような、9割方自分の趣味・目の保養のような感じなのですが…。

パンフレットってなんぞや?という方に、わかりやすいところでいうとクリスマスの時期などにケーキ店やスーパー、コンビニなどで良く見る注文できるクリスマスケーキが載ったパンフレットが置いてありますよね?あれです。
ああいったものを集めています。

元々はレイアウトの参考などで可愛いものが多いので集めていたのですが、
お菓子の写真がとにかく好きなので、途中から目の保養という理由の方が大きくなりました(笑)
色々なもの(パンフレット、折り込みチラシなどなど)を集めていますが、多いのはクリスマスケーキのものとバレンタインチョコレートのものです。
凝っているなー!というものが多く、とても面白いです。
紙モノなので整理がとても大変なのが悩みです。
(本のようにサイズがある程度統一されているわけではないですし)

 

…と資料として主に使っている・集めているものについて書きましたが、資料は色々あった方がいいかなーと個人的には思います。
うろ覚えみたいになっていることも多く、そういうものを描いたとき何もないと少し変になってしまう場合もあるからです。

あと個人的には目的のものを調べる→そこから関連した別のことを調べて知らないことを知れるというのが好きで、資料集めをしているとそういったことも出来るので面白いしいいなぁと感じます。

 

また、漫画などストーリーがあるものを描かれる(書かれる)方は絵の資料となるもの以外にも、キャラの名付けやストーリーを作るための資料もあると制作の参考になると思います。
私は漫画などを描くことはなく、基本的にイラストだけなのですが、それでもキャラクターの名前を考えたり、ものの名前などを考えたりする時に色々な単語やモチーフとなるものを知っていると考えることがスムーズに進みます。
そういった類のものだと、神話やタロット・星座・チェス、花言葉や色々な言語での読み方など色々あります。
ネットで検索をしてそのテーマごとにブックマークをしてもいいですし、ノートやファイルにまとめるのもいいと思います。
ファンタジー関連や創作関連のネーミング辞典みたいなものもあるので、そういうものを持っているのもいいかもしれません。

 

本に関しては保管場所が気になるという場合は、電子書籍などもありますし、図書館などを利用するのもいいと思います。

 

どういうものから集めていけばいいか…となるかもしれませんが、(自分の描きたいものを考えた上で)簡単なところからだとスマホからでも検索出来ますし、ポーズなどだとアプリもあるので、そういったものから少しずつ見ていけばいいのではないかなと思います。
Twitterなどですと「この○○買って良かった!」というような感想を見ることが出来るので、そういったものを参考にするとより探しやすいです。
(実際そういうツイートを見て買ったり、DLしたものが結構あります)

 

終わりに

いかがでしたか?
今回はイラスト関連ですが少し違った部分を記事にしました。
描いている方、これから描かれる方のお役に少しでも立てれば嬉しいです。
(私個人の見解なので、合わない場合は他の方のも参考になさってみてください)

 

 

最後までお付き合い下さりありがとうございました。